走行距離よりも気にするべきこと

走行距離よりも気にするべきこと

トラックは普通車や軽自動車などの乗用車に比べて長いあいだ乗ることがほとんどで、売りたいと考えたときに走行距離が何十万キロとなっていることは割とよくあることです。

普通車に比べ値段が高いので出来るだけ長く走ろうとする人がほとんどですので当たり前ですよね。

では走行距離が長いと買取価格も下がってしまうのでしょうか?答えはノーです。

もちろん走行距離が短いにこしたことはないかもしれませんがトラック買取に重視されるのは走行距離よりもトラックそのものの状態です。

長いあいだ乗っていてもエンジンオイルが交換されていなかったりというようにほとんど整備されていないことが多いそうです。

誰もトラブルが起きるかもしれない、車検が通らないかもしれないような中古車をわざわざ買いたいとは思いませんよね。

トラック買取に際してはこのように走行距離を気にするよりもその後、中古車として売った時に問題なく走行できるように整備をきちんとしていることが買取価格を上げる第一歩といえますね。

日本製トラックは海外では高値

トラック買取をしている業者が実際にトラックを買い取りしたあとのルートのひとつとして海外に売っているという方法があります。

私の知り合いで車関係の仕事をしている人がいますが、その友人が言うには海外では日本のトラックだというだけですごく高値で売れるというのです。

トラック買取とは

走行距離が何万キロもあって、シートなどの内装もボロボロで、部品も古くなってきていて、正直日本ではもう廃車になるのではないかと思われるような状態のトラックでも日本メーカーというだけで日本人では信じられないような値段で売れるそうです。

それだけ日本の車の技術や耐久性が海外のものと比べて非常に優れているということなのでしょう。

大きいですし、海外へ輸出となると知識やノウハウも必要になってきますので気軽にできるものではもちろんありませんが日本で二束三文と思われるような状態のものが高値で売れるのであればトラック買取の業者の方たちは是非とも輸出するノウハウを知ってしっかり稼いでおきたいところですね。